生活の跡

個人的な備忘録

QGISで属性(フィールド)に別名(エイリアス)を付ける

概要

国土数値情報などからGISのデータをダウンロードすると、属性(フィールド)名が"N03_001"のようになっており、意味が分かりづらいです。
そこで、編集をしやすくするために、属性に別名を付けてみます。"N03_001"のような物理名は変えず、論理名を追加するイメージです。

f:id:ishii-akihiro:20200414091920j:plain
このように別名を付けたい

環境

  • Windows10
  • QGIS 3.10.4

使用するデータ

本記事では、国土数値情報から「行政区域」(長野県)のデータをダウンロードした前提で話を進めます。

国土数値情報 行政区域データの詳細

手順

1. データを読み込む

ダウンロードしたzipファイルをQGISにドラッグ&ドロップすれば読み込めます。
読み込んだレイヤを右クリックし、「エクスポート」>「地物の保存...」で、わかりやすい名前のGeoPackageファイルにエクスポートしておきます。
(※)QGIS3から、シェープファイルよりGeoPackageが推奨されているという噂を聞いたので。ArcGISでいうジオデータベースみたいなものかな(適当)

f:id:ishii-akihiro:20200414085710j:plain

レイヤを右クリックして「属性テーブルを開く」を選ぶと、属性名が"N03_001"のような物理名になっていることがわかります。

f:id:ishii-akihiro:20200414092155j:plain
編集前の属性テーブル

2. 属性に別名を付ける

レイヤをダブルクリックしてプロパティを開きます。
「属性フォーム」から別名を付ける属性を選び、一般情報の別名欄に入力します。

f:id:ishii-akihiro:20200414090930j:plain
レイヤのプロパティで別名を設定する箇所

適用して属性テーブルを開くと、別名が付けられたことが確認できます。

f:id:ishii-akihiro:20200414091136j:plain
別名を付けた属性テーブル

別名はわかりやすければ何でもいいですが、国土数値情報のデータの場合はダウンロードページに書かれている属性名を使えばいいと思います。

f:id:ishii-akihiro:20200414091429j:plain
国土数値情報のページに書かれている属性名(行政区域の例)

おわりに

QGISはあまり使っていませんでしたが、これから慣れていこうと思います。