生活の跡

個人的な備忘録

賃貸物件で入居前からあった損傷に対する現状回復費を請求された

概要

賃貸物件を退去する際に、元から損傷していたキッチン扉に対して、管理会社から修繕費を請求されました。金額は妥当でしたが、その傷をつけたのは私ではありません

管理会社に確認を依頼したところ、無事に支払いを免れることができました。面倒ごとには発展せず平和的に解決したので、参考として経緯を記します。

前提

大阪市内の賃貸物件に関する話です。賃貸契約の内容や、管理会社と代理店の役割分担は地方差があると思うので、関東などの賃貸物件では事情が異なるかもしれません。ご留意ください。

請求対象となった損傷

キッチン扉の上部が剥離していました。

f:id:ishii-akihiro:20200513215056p:plain

退去時の立ち合い

部屋からすべての家財を搬出し、管理会社の方が退去の立ち合いに来ました。その際、キッチン扉の損傷を見て、現状回復費の支払いが必要になる旨を伝えられました。

この時、入居前からあったと思うと伝えたのですが、それはないと思うとやんわり否定されました。そう言われると自分の記憶違いなのかなと思い、同日中に県外の転居先に向かう必要もあったので、その場では私が支払うということで了承しました

入居時の写真が見つかった

後日、転居先の住所に請求書が届きました。その際に改めて過去の写真を探したところ、入居時にiPhoneで損傷部分を撮影した写真が見つかりました。時刻も記録されています。

f:id:ishii-akihiro:20200513220259j:plain

また、引越し業者さんが荷物を運び入れてくれた時刻がわかる写真もありました。このため、荷物搬入時にできた傷でもありません(サカイさんにはお世話になっています)。

f:id:ishii-akihiro:20200513221332j:plainf:id:ishii-akihiro:20200513221336j:plain

管理会社にメールで相談

iPhoneの写真の日時は変更できると思うので、証拠としては不十分かもしれません。ただ、少なくとも私自身の思い違いではないことは確認できたので、管理会社に相談してみました。

具体的には、次の内容をメールで送信しました。上記の写真3点も添付しました(文中に記している写真1〜3)。

f:id:ishii-akihiro:20200513222107p:plain

同日中に、管理会社から電話で連絡がありました。確かに元からあった傷であることが確認できたので、支払いは不要ですとの回答をいただきました。迅速・丁寧な対応だったと思います。

おわりに

初めてのことで、明確な証拠がないと支払いを免れるのは難しいのかと思っていました。しかし、こちらの言い分があれば管理会社にちゃんと伝えることが大事だと実感しました。悪意があるとは限らず、記録の見落としや引き継ぎの漏れということもあり得るので、自分で写真の記録を残しているなら伝えましょう

入居時には代理店から鍵を受け取っただけでしたが、入居時も管理会社が立ち会ってくれると食い違いも防げそうな気がします。入居時に管理会社の立ち合いがない場合は、写真で記録を残しておくと良さそうです。

なお、写真があっても受け入れられず、納得できない場合は、国民生活センターなどに相談するのも良いと思います。

www.kokusen.go.jp