生活の跡

個人的な備忘録

Raspberry Pi 3B+ にScratch3がインストールされない

経緯

昨年度に職場で買ったRaspberry Pi があまり使われていなかったので、Scratch3でも入れてみるかと思って試したら、全然インストールされませんでした。

環境

  • 機種:Raspberry Pi 3B+
  • OS:Raspbian 9.13(stretch)
  • インターネットには接続できている

原因

どうやら、Raspberry Pi のOSであるRaspbianのバージョンが古くて、Scratch3に対応していなかったようです。
なお、Raspbianのバージョンは、$ lsb_release -a で確認できます。

【注意】Raspberry Pi OSバージョンの動作の必須条件はRaspbian Busterと1GBのRAMである。また、Raspberry Pi 4のメモリ2GB以上バージョンが推奨される。Raspberry Pi 3 Model B+では、動かないことがある。(Scratch 3 (アプリ) - Japanese Scratch-Wiki より引用)

解決方法

まず、Raspbian のバージョンを9(stretch)から10(buster)にアップグレードします。こちらの記事がわかりやすかったです。

jack-s.com

途中で応答を求められる箇所があったので、補足します。

  • apt-listchanges: ニュース が表示されたら、q キーを押下して処理を再開します。
  • 「DHCP から WINS 設定を使うよう smb.conf を変更しますか?」には「いいえ」を選択しました。よくわかりませんが、ネットワーク関係の話は今回の目的に直接影響なさそうですし、デフォルトで「いいえ」が選択されていたので。
  • 「Restart services during package upgrades without asking?」には「Yes」を選択しました。「都度確認しないで進めていい?」みたいなことだと思ったので。

busterにアップグレードできたら、一応再起動(reboot)します。

これで$ sudo apt install scratch3とすれば、Scratch3をインストールできると思います。

おわりに

Raspberry Pi 3B+ では、OSのバージョンとして stretch を想定したスペックになっていると思われます。scratch3を使うなら、素直にRaspberry Pi 4 を買った方がいいかもしれません。

参考記事

book.studio947.net